GLS 350d X166 ランニングボード修理するなら社外でOK!

今回紹介するのはメルセデスベンツ X166 GLS350d 4MATIC Sportsの施工事例です。

今回は、GLS350dの車両にランニングボードを取り付けさせていただきます。

まずは車両を拝見していきましょう。

ベンツの最上級SUV、GLクラスの後継、GLSクラス。

その堂々たるボディサイズは、BMW X7やレクサスLXにも引けを取りませんね。 ルーフレールや大き目のフロントダクト、グリルのメッシュカバーがスポーティーな印象です。

内装もウッドとレザーを中心にデザインされていてSクラスの高級感を感じさせますね。

GLS350dにランニングボードは標準装備となっておりますが、今回のオーナー様は片側をぶつけてしまったとのことで、弊社で取り扱いのあるランニングボードをお取り付けいたします。

早速、取り付けていきましょう。

車体の下に潜るので、大変そうですね。

それでは施工後の車体をチェックしていきましょう。

今回、両サイド交換させていただきましたが、純正にも見劣りしませんね。

サイドステップとしてランニングボードがあることで、お子さんやお年寄りも乗車しやすくなるので、大人数で乗れるSUVにはもってこいの装備ですね。

今回は補修寄りのお取り付けとなりましたが、カスタムにもご興味がある方は、ワンポイント施工でも構いませんので、是非お問い合わせお待ちしております。

>SOL YouTube CH

SOL YouTube CH

公式YouTube!車に関する情報を発信中!